免疫力Up!

免疫力を上げるには?

免疫力を上げるにはどうしたら良いのでしょうか?

    1. 栄養バランス
      健康を維持するには、まずはバランスの良い食事が重要ですが、 ここで免疫ということに関しての栄養素を追加すると、ビタミンAやC,亜鉛に加えて、ウィルスを殺すたんぱく質(カテリジン)を作らせる働きがあるビタミンDも免疫力アップには欠かせないことがわかってきています。ビタミンDを多く含む食品としては、きくらげや干しシイタケ、ししゃも、しらす干し、鮭が推奨されています。

    2. 腸内環境
      腸には、約100兆個の腸内細菌が住んでいると言われています。この腸内細菌の善玉菌を優位に保つことで、免疫細胞の70%が腸で作ることができると言われています。腸内環境を整えること、これがつまりは免疫力を上げることに繋がっているのです。体内にあるリンパ球系の免疫細胞の約7割は、腸に集まっています。従って、多くの免疫細胞が働くためには、腸内環境をつねに良好な状態にしておかなければなりません。腸内環境をよくするには、善玉菌を増やす食物繊維や発酵食品を積極的に摂ることが大切です。

    3. 自律神経と睡眠
      自律神経は交感神経と副交感神経の調節によってバランスを保っています。交感神経は起きている(覚醒している)時に優位になり、副交感神経はリラックスしている時に優位になります。

    コロナの心配や恐怖で、交感神経が常に優位にある状態やストレスや緊張状態が続くと、不眠の原因にもなります。この睡眠の問題が、免疫細胞の機能の低下も招きます。睡眠を促す方法としては、ぬるめのお風呂にゆっくり入るということも効果的です。人は体温が1℃上がると、免疫力が30%アップすると言われています。体温が1℃下がると免疫力も大きく下がることがわかっています。

    体温が下がって血流が滞ると、免疫力を司っている白血球の動きや働きが悪くなってしまうのが原因です。

    毎日の積み重ねから作られる免疫力です。

    免疫力を高める食品等を摂取し、充分な睡眠をとり、ウイルス等に負けない身体を作っていきましょう!!

    総ては、息(呼吸)食(食事)、動(体の使い方)、想(考え方)、環境、のバランスです!!