プロポリスについて



プロポリスとはハチが予期せぬ侵入者や病原菌から巣を保護するために使う粘着性の物質です。

ミツバチが樹木に集めた成分と、ミツバチの唾液に含まれている酵素の働きからプロポリスがつくられます。

ハチが生き延びるために自然に選択した物質が、フラボノイドアミノ酸酵素類の天然成分を豊富に含んでいるというのは、長い年月を経て得られた知恵でした。

プロポリスの語源は、ギリシャ語でプロ(守る、防ぐ)ポリス(都市、砦)で、「砦を守る」という意味です。

ミツバチはプロポリスで巣箱の隙間を埋め、外敵の侵入や繁殖を防ぎ、巣箱の中の衛生環境を保っている、まさに『天然の抗生物質』なのです。